基礎知識

糖質制限の必需品 糖アルコール 人工甘味料

今回は、糖質制限の必需品、糖アルコールや人工甘味料についてお話しします。

糖アルコール、人口甘味料が使われた代表的な食品としては、コカ・コーラのダイエット・コーラ、ゼロ・コーラなどの炭酸飲料が挙げられますが、発売当初は、『どうして甘いのにカロリーがゼロなんだろう?』と、不思議に思った方も多いことでしょう。

ずばり、糖アルコール、人工甘味料とは、果実などの天然成分に由来する、または人工的に合成された糖質のことです。

スポンサーリンク

強い甘みがあるものが多く、少量で強い甘みをだすことができるため、低カロリー甘味料として、清涼飲料水やガム、キャンディーなど、広く使用されています。

血液中には完全に吸収されないため、砂糖と比べ血糖値の上昇が小さいので、糖尿病治療や、糖質制限を実践する際には、よく使われる成分で、これさえあれば、食べることができるメニューの幅がぐっと広がります。

このブログで頻繁に登場する言葉ですし、糖質制限とは切っても切れない関係にある大切なものですので、しっかり理解しておきましょう。

まず、こちらの図を使っておさらいします。

炭水化物は、糖質と食物繊維に分かれますが、糖質においても、身体に与える影響などによって、糖質と糖類に分類することができます。

糖類と呼ばれる砂糖やブドウ糖は、体内で吸収されて血糖値を急上昇させるのに対して、糖アルコールや人工甘味料は糖質である(砂糖のように甘い)にもかかわらず、体内で吸収されにくい性質のため、血糖値の変動に影響をほとんど与えません。

血糖値を上昇させないということは、インスリンの分泌を防ぎますよね。

インスリンを分泌させないということは、体内に脂肪を貯め込むことはありませんよね。

さらには、糖アルコール、人工甘味料は、同量で砂糖の数百倍の甘みを持つものもあり、ほんの少量でしっかりした甘みを出すことができるため、カロリーや糖質を極限まで下げることができるのです。

ここで参考として、糖アルコールで作られた、砂糖の代用品として広く使える商品を例に出してお話ししますね。

糖質制限の強い味方 パルスイート

糖質制限の『最大の友』と言っても過言ではない、パルスイートです!

パッケージに肉じゃがの写真があるように、砂糖の代わりとして、料理にもお菓子作りにも、何にでも使える万能調味料です。

調味料製造においての、最大手メーカーのひとつである『AJINOMOTO』の商品というのも安心できていいですよね。

余談ですが、私は学生の頃、長期休暇の度に海外へ旅に出かけていたのですが、日本と言えば、寿司でも天ぷらでも富士山でも相撲でもHONDAでもなく、『味の素』というイメージを持った外国人の人が多かったものです。

では、栄養成分表示から見ていきましょう。

炭水化物 0.3g 糖質 0.3g 糖類 0g

と表示されていますね。

消費者庁が定める、ゼロ表記の基準から考えると、糖類はゼロですが、100gあたり 0.5g未満であれば、ゼロと表記できますので、最大で 0.49g の糖類が含まれていると考えられますが、糖質が 0.3g ですので、それ以上になるわけがありませんので、最大でも 0.3g の糖質が含まれているだけですね。

これくらいでは、血糖値はびくともしないでしょう。

ウソ発見器だとすれば、針は微動だにしないレベルですね。全く動揺していません。

しかも、0.3g というわずかな糖質においても、血糖値の変動に影響を与えない糖アルコール、人工甘味料による糖質ですので、『ゼロ』と考えて頂いて差し支えありません。

次に、原材料を見てみましょう。

原材料名として、エリスリトール とありますが、この成分は代表的な糖アルコールの一つで、

メロン、ブドウや梨などの果実や醤油・味噌・清酒などの発酵食品に含まれている天然の糖アルコールで希少糖の一つに分類される。ブドウ糖を発酵させることにより作られる。非う蝕性の甘味料でありながらカロリーがほとんど無いことからダイエット甘味料として利用されている。 さらに、血糖値を上昇させず、インスリンの分泌を誘導しない。

wikipedia.より引用

という優れものです。

さらには、その他の糖アルコールは『血糖値を上昇しにくい』とか、『血糖値の変動に与える影響は少ない』などという少し曖昧な定義づけをされているのに対して、エリスリトールは、血糖値を全く上げることがないと断定されている、唯一の糖アルコールです。

その他の成分としては、アセスルファムk、アスパルテーム、スクラロース、アドバンテームなどの糖アルコールが使われていますが、これらも全て、安心、安全で、エリスリトールのように全く血糖値を上昇させないわけではありませんが、血糖値の変動にはほとんど影響を与えません。

なぜ、何種類もの糖アルコール、人工甘味料がブレンドされているかと言うと、それぞれに味の個性(多少の苦みや渋みがあったり、後引きが強いもの、弱いものがあったり)を引き出し、打ち消して、美味しくするための努力のようです。

糖アルコール・人口甘味料 注意事項

一応、いいことばかりでなく、悪いことも書いておきますね。

注意事項として一つ上げておきます。

糖アルコールや人口甘味料が使われた食品には、下の写真のような注意書きが書いてあり場合が多くあります。

こんなビスケットにも、糖質ゼロの商品があるんですよ。

なんと、糖質ゼロのクッキーまでもが・・・ 『ロッテ ZERO ビスケット』

赤字の部分に注目してください。

・一度に大量に食べると体質によりお腹がゆるくなる場合があります。

とありますが、これは、糖アルコールや人口甘味料は腸内で吸収されにくいために起こる現象です。

詳しく説明しますと、糖アルコールや人口甘味料は腸内で吸収されにくいため、腸内の浸透圧が上がってしまいます。

腸内の浸透圧が上がってしまうと、人の体は腸管壁から水分を引き出し、浸透圧を正常に戻そうとするのです。

その結果、腸内の水分量が増えて、お腹がゆるくなってしまうのです。

症状には個人差があり、限界摂取量などは定められていませんが、一過性の症状であり、特に気にする必要はありません。

現実問題として、これほどに世に浸透しているにもかかわらず未だに、賛否が分かれているという側面もありますが、使用されているものは、FDA(米国食品医薬品局)や欧州食品安全機関(EFSA)をはじめとする各国の規制当局 での安全基準に合格し、使用が認められているものばかりですし、私も長年に渡り摂取し続けていますが、何ら健康状態に変化はありませんね。

今では、ジュースやガム、キャンディーなどだけではとどまらず、糖アルコールや人工甘味料を使用した、低糖質のアイスクリーム、ケーキ、チョコレートなどまでどんどん商品化されていて、厳密な糖質制限中でも食べられる商品が多くあるんですよ。

そんな夢のような商品も、今後どんどん紹介していきますので、ご期待ください!

最後に、糖アルコール、人口甘味料によって生まれた低糖質商品の紹介記事をいくつか挙げておきますね。

糖質制限に朗報!『ロッテ』が本気を出してきた!チョコレートクリスプ ZERO 登場!

『パン』だけじゃない! 『ふすま』『ブラン』の近い道。ローソンで買える超低糖質バームクーヘンを紹介します!

知らなきゃ損!『モンテール』低糖質スイーツ

糖質制限中のご褒美!森永 低糖質プリン はまること間違いなし!

夏だ!アイスだ!糖質制限だ!

ドロッとしたお好みソース。糖質制限中でもOKです!からだシフトで、体をシフト?

糖質制限中にチョコレート!?ロッテ『ZERO』をご存知ですか?

ketone-body

投稿者の記事一覧

ブログ運営者 ketone-body
性別 男性
年齢 40歳
職業 会社員
居住地 広島県
趣味 筋トレ
サイトURL  http://ketone-body.com/  
タイトル 糖質制限のすすめ ~ケトジェニックダイエット~
ブログの題材 糖質制限、ケトジェニックダイエットに関する基本的な情報や、低糖質商品などの紹介やレビュー。筋トレ。
※注意事項 当サイトで複数メーカーの商品の比較、推奨を行うことがありますが、あくまで『糖質制限』においての成分的な良否に対しての言及であって、商品の品質についてのものはではありません。

関連記事

  1. 糖質制限にお酒は厳禁!? お酒のカロリー計算、糖質量を詳しく解説…
  2. 糖質制限に寄り添うスーパー 『イオンネットスーパー』で、低糖質な…
  3. 糖質制限とセットで考えられる筋トレですが、アルコールが筋トレに与…
  4. 食べる順番を意識するだけで、ダイエット!血糖値をセルフコントロー…
  5. 糖質制限のメカニズムを理解するために、まずはケトン体を知ろう!
  6. 実際どんだけ糖質入ってんの?曖昧、微妙な成分表示を解説!
  7. 糖質制限中によく食べられる野菜(ブロッコリー、ほうれん草など)は…
  8. 糖質制限にお酒は厳禁!? お酒のカロリー計算、糖質量を詳しく解説…
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

スポンサーリンク
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP