ソフトドリンク

糖質制限には不可欠!糖アルコール、人工甘味料の種類① スクラロース、アセスルファムKなど

糖質制限ダイエットにおいて、もちろん糖質の塊である砂糖はNGですよね。

ですが、昨今、ゼロ・コーラなどの清涼飲料水、ゼリー、ガムやキャンディーなど、様々な商品に、カロリーゼロ、糖質ゼロ、砂糖不使用などのキャッチコピーが踊り、店頭に並べられていますよね。

ゴリゴリの糖質である砂糖を使っていないのに、しっかりとした甘みを感じることができ、カロリーも糖質もほとんどゼロということで、愛飲されている方も多いと思います。

スポンサーリンク

今回はその砂糖以外の甘さの原因である、糖アルコール、人工甘味料について、細かく、詳しくお話していきたいと思います。

ゼロカロリー飲料に多く多用される人工甘味料 スクラロース アセスルファムK

まずは、ゼロ・コーラなどを代表とするゼロカロリー飲料に広く使われている人工甘味料について、成分、身体に与える影響などについて進めていきますね。

では、こちらに代表的なゼロ・カロリー飲料を揃えてみました。

全て『ゼロカロリー』と目立つところに表記してアピールしていますね。

次に、ゼロカロリーのミソである、成分表示を画像左側のアクエリアスから見ていきましょう。

ご覧の通り、どの商品にも使われている成分がありますね。

〇で囲んだ、スクラロースとアセスルファムK(カリウム)です。

この二つの甘味料が、ゼロカロリー飲料にはなくてはならない成分というわけです。

では、この二つの成分を詳しく掘り下げていってみましょう。

スクラロース、アセスルファムK(カリウム)の特性

スクラロース、アセスルファムKとは、さとうきびを原料として作られる砂糖とは異なり、人工的に作られる人工甘味料の一種になります。

その特徴とは・・・

スクラロース

スクラロースは砂糖の約600倍の甘味を持つ甘味料になります。

後甘味で後引きがあり、砂糖に似たまろやかな甘味と表現される。

さらにスクラロースには、他の糖類や、高甘味度の甘味料との併用により甘味度、甘味質とも増強する傾向があり、しばしば他の甘味料と併用される形で清涼飲料水やアイスクリームなどに広く使用されている。

ヒトにとってスクラロースは甘く感じられるものの、ショ糖(砂糖)のように体内で炭水化物として消化、吸収はされないため、生理的熱量はゼロである

また、ヒトがスクラロースを経口摂取しても、24時間後にほぼ100%が代謝・分解されることなく排泄されるため、血糖値にも影響を与えない

https://ja.wikipediaを参考・引用

アセスルファムカリウム

アセスルファムカリウムは、砂糖の約200倍の甘味を有する。

スクロースと比較して、甘みの立ち上がりが早く、後引きが少ない。 このため、スッキリとしてキレがいいと感じたり、後味が悪いと感じる場合がある。

また、水によく溶けるため、飲料・漬け物などに適している。

https://ja.wikipedia.を参考・引用

このように、スクラロースのアセスルファムKも、砂糖の数百倍もの甘みを持っているため、ほんの微量で十分な甘みを出すことができるため、カロリーゼロ、糖質ゼロを実現できるということなんですね。

付け加えておきますと、カロリーも糖質も厳密にはゼロではありませんが、消費者庁が定める食品表示基準により、

5kcal/100g、㎖ 未満

糖質0.5g/100g、㎖ 未満

の場合は、『ゼロ』と表記してもOKという決まり事のため、『ゼロ』と表記されているということです。

まぁ、甘味料は限りなくゼロに近い量しか使用されていませんので、血糖値の変動には全く影響を与えないと考えて問題ありません。

スクラロース、アセスルファムK(カリウム)の安全性

スクラロース、アセスルファムKなどは、人工甘味料と呼ばれる化学物質ですが、『人工』という言葉が気になる方もいることでしょう。

日本人は、食において『オーガニック』『天然』という言葉は大好きですが、『人工』『化学』という言葉に機敏に反応する傾向がありますので、ここで、人工甘味料の安全性についても触れておきますね。

実際にの問題として、人工甘味料についての専門家の意見には賛否あります。

血栓による脳卒中と認知症のリスクがそれぞれ3倍近く増大してしまう。
人工甘味料の強烈な甘味に慣れてしまうと、甘い物への欲求をかえって強めてしまったり、味覚障害を生じやすくなる。

などと言った意見があるのも事実です。

ですが、人工甘味料の歴史などまだまだ浅く、証明できるほどのデータはないと思われますし、砂糖業界からの圧力という線も大いに考えられてもいます。

一方で、基本的に国内で使用されている人工甘味料(スクラロース、アセスルファムK、アスパルテームなど)は全て、

米国食品医薬品局(FDA)や欧州食品安全機関(EFSA)を始めとする各国の規制当局や、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)で安全性が確認され、使用が認められています。

また、アセスルファムKのように摂取許容量が定められているものもありますが、過剰摂取など到底できないほどの量が提示されています。

私自身の体感では、過去20年近くは、毎日1本くらいは人工甘味料が使われたゼロカロリー飲料を飲んできましたが、身体の変化や異常は全く見られていませんし、実際に人工甘味料によって健康を害したという話など、聞いたことがありません。

きっと、私は今後も飲み続けていくでしょう。

まぁ、運動後のご褒美や、風呂上がりの一杯程度に考えて、上手く利用していけば、全く問題はないと言えるでしょう。

もし、甚大な健康被害でもあるのならば、とっくに販売停止になっているでしょうからね。

人工甘味料の落とし穴

人工甘味料の安全性に納得できたところで、私の経験上においての、人工甘味料が使われたゼロカロリー、糖質ゼロ商品の落とし穴についてお話しておきます。

まずは、先ほども言いましたが、『厳密にはゼロではない』ということです。

消費者庁が定める食品表示基準により、

5kcal/100g、㎖ 未満

糖質0.5g/100g、㎖ 未満

の場合は、『ゼロ』と表記してもOKという決まり事があるからです。

0.5g未満 ということは、マックスで 0.49g ということになりますよね。

もし、0.49g/100ml の糖質が使われているとすれば、

500mlのペットボトル ➡ 2.5g弱

1.5ℓのペットボトル  ➡ 7.5g弱 

の糖質を摂取することになりますので、飲み過ぎには注意が必要ですね。

アメリカの大統領、ドナルド・トランプ氏は、毎日12本もゼロ・コーラを飲むそうですが、350ml缶だとすれば、4.2ℓ もの量になり、糖質摂取量は、最大で約20g ほどになってしまう可能性がありますからね。

もう一つの落とし穴としては、飲み物が『ゼロ』だからと気持ちが緩み、他から余分な糖質を摂ってしまうことです。

マクドナルドにもゼロ・コーラはメニューにありますが、糖質たっぷりのハンバーガーとポテトを頬張りながらゼロ・コーラを飲んだって、屁のツッパリにもなりませんからね。

くれぐれも努力を無駄にしないように注意してくださいね。

※糖質制限中のマクドナルドについての記事も書いていますので、よろしかったらご覧ください。

まとめ

今回は清涼飲料に主として使用される人工甘味料、スクラロース、アセスルファムKについてお話しましたが、人工甘味料、糖アルコールには多くの種類があります。

それぞれの特性、味(すっきりした甘さ、後を引く甘さ、苦みを含む甘さ、酸味を含む甘さなど)を活かして、様々な食品に使用されています。

今後、その他の甘味料、糖アルコールについてもどんどん紹介していきますね。

ketone-body

投稿者の記事一覧

ブログ運営者 ketone-body
性別 男性
年齢 40歳
職業 会社員
居住地 広島県
趣味 筋トレ
サイトURL  http://ketone-body.com/  
タイトル 糖質制限のすすめ ~ケトジェニックダイエット~
ブログの題材 糖質制限、ケトジェニックダイエットに関する基本的な情報や、低糖質商品などの紹介やレビュー。筋トレ。
※注意事項 当サイトで複数メーカーの商品の比較、推奨を行うことがありますが、あくまで『糖質制限』においての成分的な良否に対しての言及であって、商品の品質についてのものはではありません。

関連記事

  1. 福田怜奈さんプロデュース『SHARE EAT』の低糖質スイーツ!…
  2. ファミマの『お母さん食堂』で糖質制限!おつまみでもおかずでも食べ…
  3. イオンの『トップバリュ』低糖質エクレア。エクレアで夢の糖質一桁を…
  4. 糖質制限でも我慢しない!食べたい気持ちに素直(SUNAO)に グ…
  5. 糖質制限に朗報!『ロッテ』が本気を出してきた!チョコレートクリス…
  6. 駄菓子の王道!よっちゃんいかシリーズの糖質量は?おやつ、おつまみ…
  7. 激安スーパー ラ・ムーで、低糖質食品の買い物。糖質制限中の私の購…
  8. 糖質ゼロのミルクティーが ないんだったら、作っちゃいなよ!『午後…
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

スポンサーリンク
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP