お菓子

安定の低糖質おやつ、グリコ『SUNAO(スナオ)』シリーズのバタークッキーが相変わらず美味すぎる!

近年の低糖質お菓子業界の最前線では、ロッテが『ZERO(ゼロ)』シリーズでチョコレートやアイスを開発、発売する一方で、ライバル企業のグリコもまた、『SUNAO(スナオ)』シリーズによって、アイスやクッキーなどを多数リリースし、大変な盛り上がりを見せていますね。

というわけで、今回は、

からだに素材のよろこびを

食べたい気持ちに素直に

というキャッチコピーのもと、低糖質ながら素材、美味しさにこだわったグリコの『SUNAO』シリーズから、低糖質な絶品クッキーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

グリコ『SUNAO(スナオ)』シリーズの発酵バター チョコチップ&発酵バター 糖質50%オフ

発酵バターで仕上げたバタークッキーとチョコチップ入りのクッキーの2種類があり、どちらも、298円/1個と、少々値が張るのですが、今回はがんばって両方用意しました。

商品パッケージには、大きく目立つように、『糖質50%オフ』とあり、低糖質をアピールしていますね。

その他には、『食物繊維たっぷり』と、低糖質商品の定番フレーズもあります。

ですが、いくら糖質50%オフだとしても、本来糖質が多いクッキーですから若干の不安もありますよね。

バタークッキーの定番、森永の『ムーンライト』は、

たった一枚(8.1g)で、糖質量は、5.2g ですからね・・・。

では早速、栄養成分表示、原材料を見ていきましょう。

グリコ『SUNAO(スナオ)』シリーズのバタークッキー 栄養成分、原材料

発酵バター

154kcal たんぱく質 1.9g 脂質 9.9g 炭水化物 18.4g

炭水化物 18.4g(糖質 9.2g 食物繊維 9.2g)/1袋(31g)

チョコチップ&発酵バター

155kcal たんぱく質 2.6g 脂質 9.9g 炭水化物 17.7g

炭水化物 17.7g(糖質 9.3g 食物繊維 8.4g)/1袋(31g)

栄養成分に若干の違いはありますが、糖質量は、ほとんど同じ数字に着地しています。

原材料としては、クッキーの生地として、小麦粉だけでなく、おから粉(大豆由来)、食物繊維(デキストリンやセルロース)を配合し、甘味付けには、砂糖に加えて、甘味料のスクラロースが使われています。

これらの工夫によって、糖質を抑えているようです。

糖質量は、なんとか一桁に達していますが、正直もうちょっと少なくてもよさそうに思えます。

まぁ、とりあえず食べてみましょう。

グリコ『SUNAO(スナオ)』シリーズのバタークッキー 実食・レビュー

箱を開封すると、2つの子袋に分けられています。

糖質量 約9g というのは、箱単位ではなく、袋単位のようです。

世の中、そんなに甘くはありませんね。

まぁ、落ち込んでいないで頂いてみましょう。

画像のように、500円玉より少しだけ大きなクッキーが、15枚ほど入っています。

一枚口に放り込むと・・・

サックサクです・・・。

いい音が出てます。

サクサクの後には濃厚な発酵バターの香りが口の中に広がります・・・。

やっぱり『SUNAO』の安定感はすごいですね・・・。

文句なしで美味しいです。

では、次にチョコチップの方を食べてみます。

あれ・・・

やっぱり低糖質だけあって、チョコチップは控え目にしか入ってないよな・・・?

って思ったあなた!

裏から見ると・・・

がっつり履いて(入って)ますから安心して下さい。

この投稿をInstagramで見る

とにかく明るい安村(@t.a.yasumura)がシェアした投稿

肝心なお味の方は・・・

食べるとこんな感じになるくらい美味しいです。

さすが『SUNAO』です。

ごちそうさまでした。

グリコさん、ぶっちゃけもう少し糖質を抑えられるんじゃ・・・

ここで、おそらく皆さんも『SUNAO』について気になっていると思われることについてお話しておきます。

今までに何度も『SUNAO』シリーズの商品を紹介してきましたが、栄養成分、原材料を詳しく見ていくうちに、毎回感じていることですが・・・

グリコさん、ぶっちゃけもう少し糖質を抑えられるんじゃねえの?

そう感じているのって、私だけではないはずです。

原材料を見てみると、甘味付けには甘味料や糖アルコールだけでなく、ほとんどの商品にしっかり砂糖も使われていますし、糖質の根源となる小麦粉などの配合分も、それほど切り詰められてはいません。

より糖質を抑える余地は、確実にあるわけです。

にもかかかわらず、『SUNAO』シリーズは、それを実行していません。

原材料、加工工程によるコストの問題でしょうか?

妥協でしょうか?

私はどちらも不正解だと思います。

私が『SUNAO』シリーズの全商品を食べて導き出した答えは、

より美味しい商品を作るためだと思います。

低糖質商品を開発するには、たくさんの壁があります。

まず大前提として糖質量を少なくしなければならないわけですが、糖質をカットすることによって、味は確実に落ちます

原材料のコストも上がります。

製造工程での手間も増えます。

そんななかグリコさんは、

からだに素材のよろこびを

食べたい気持ちに素直に

という理念のもと、低糖質ながらも、素材にこだわり、味、品質を落とすことなく、低糖質商品の開発に取り組んでいるのだと私は思います。

美味しくなくてもいいのなら、

私たちが手が出ないほどの高額な価格設定なら、

いくらでも糖質は抑えられるでしょう。

ですが、それだと食べることを楽しむことはできません。

『SUNAO』は、美味しさ、コスト、糖質量 この3つの絶妙のバランス、ギリギリのラインを妥協なく追い求めているのだと私は思います。

ちょっと褒めすぎちゃいましたかね。

ですが、ホントにどの商品もそのくらいのクオリティーなんです。

大きめのスーパーではだいたい取り扱っていますし、コンビニでもよく見かけますので、是非、みなさんも騙されたと思って一度お試しください。

SNSでの評判は・・・?

この投稿をInstagramで見る

ももまさ🥑(@bizin_iina)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

yuko(@mogmog_oishiiyuko)がシェアした投稿

当然と言えば当然ですが、上々の評判のようです。

まとめ

今回紹介した『SUNAO』のバタークッキーですが、容量から考えると驚くほどに低糖質ではありませんが、美味しさと糖質のバランスにおいては、最高だと思います。

残念な点を挙げれば、子袋にジッパーがあれば、サクサクの状態で2回くらいに分けて食べられるんですけどね。

厳密に糖質量を管理して糖質制限に取り組んでいる方でしたら、ジップロックにでも保存して、2回に分けて食べれば、血糖値の変動にはまず影響はないでしょうし、食べ方についても工夫してみてください。

関連記事

ketone-body

投稿者の記事一覧

ブログ運営者 ketone-body
性別 男性
年齢 40歳
職業 会社員
居住地 広島県
趣味 筋トレ
サイトURL  http://ketone-body.com/  
タイトル 糖質制限のすすめ ~ケトジェニックダイエット~
ブログの題材 糖質制限、ケトジェニックダイエットに関する基本的な情報や、低糖質商品などの紹介やレビュー。筋トレ。
※注意事項 当サイトで複数メーカーの商品の比較、推奨を行うことがありますが、あくまで『糖質制限』においての成分的な良否に対しての言及であって、商品の品質についてのものはではありません。

関連記事

  1. 糖質制限に寄り添うスーパー 『イオンネットスーパー』で、低糖質な…
  2. 糖質制限にやさしいコンビニ ローソンで買う私のお昼ごはん 一例を…
  3. 夏だ!アイスだ!糖質制限だ!
  4. 飲むヨーグルトにも低糖質商品が!『十勝 のむヨーグルト (糖質5…
  5. おでんの定番具材の糖質量は?コンビニおでん一番人気!?のセブンイ…
  6. セブンイレブンの冷凍食品『肉入りカット野菜』が、低糖質で万能すぎ…
  7. 絶品!低糖質チョコレート!ライザップ×ファミリーマート 『プロテ…
  8. 糖質制限での厚揚げ選び もっちり、もちもちに注意!
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

スポンサーリンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP