コンビニ de  糖質制限

セブンイレブンの冷凍食品『肉入りカット野菜』が、低糖質で万能すぎてやばい!

いくら糖質制限だからといっても、肉ばかりたべていると、野菜も食べなくちゃって心配になってしまう方って多いんですよね。

実際は、ビタミン類はサプリメントから摂取すれば問題ありませんし、低糖質商品には野菜なんかとは比較にならないほどの食物繊維が豊富に使われていますから、賛否あるでしょうし、極論かもしれませんが、ぶっちゃけ野菜なんて食べなくていいんですけどね。

もちろん、しっかり野菜も摂らなくちゃっていう気持ちは素晴らしいことですが、仕事が忙しくて自炊の機会が少なかったり、野菜を買ったはいいがいつも使いきれずに捨ててしまうという方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

私もよく、やっちゃうんですよね・・・

もったいない話ですよね・・・。

ですが、そんなあなたに朗報です!

今回は、セブンイレブンの冷凍食品シリーズから、低糖質なうえに、万能すぎる商品を紹介したいと思います!

セブンイレブンの冷凍食品『肉入りカット野菜』

セブンイレブンの冷凍食品、肉入りカット野菜です。

キャベツをメインに、ニンジン、ピーマン、玉ねぎと4種類もの野菜に肉まで入っているんです。

では早速、栄養成分表示、原材料を見ていきましょう。

セブンイレブンの冷凍食品『肉入りカット野菜』栄養成分、原材料

65kcal たんぱく質 2.1g 脂質 4.2g 炭水化物 5.1g

炭水化物 5.1g(糖質 3.2g 食物繊維 1.9g)/100g

糖質 3.2g/1袋か・・・

と思ったそこのあなた!

詰めが甘いですよ!

65kcal たんぱく質 2.1g 脂質 4.2g 炭水化物 5.1g

炭水化物 5.1g(糖質 3.2g 食物繊維 1.9g)/100g

この成分は、『100g当たり』で表記されていますが、内容量はパッケージにあるように、130g です。

ということは、糖質量 3.2g/100g を、1袋に換算すると・・・

3.2g × 1.3 = 4.16g

つまり、『肉入りカット野菜』の1袋の糖質量は、4.16g ということになります。

この手の表示って意外とたくさんありますので、表示単位が袋単位なのか、キリのいい 100g単位 なのか、個数単位なのかなどを、しっかり確認するようにしましょう。

このような失敗で知らず知らずのうちに、計算上よりかなり多くの糖質を摂取してしまっていたという話はよくありますからね。

原材料としては・・・

キャベツ、たまねぎ、にんじん、青ピーマン、豚肉 のみで、味付けは全くされていないシンプルな冷凍野菜と豚肉しか入っていないようです。

これだと、自分の思うように味付けできますし、糖質量も自由自在に管理できますね。

では、調理というほどでもありませんが、何か作ってみますね。

セブンイレブンの冷凍食品『肉入りカット野菜』 調理例

まず、たんぱく質が圧倒的に少ないので、肉を炒めます。

豚コマを150gほど先に炒めました。

豚コマは安くていいですよね。

肉に火が通ったら、冷凍野菜を投入します。

具材の内訳としては、キャベツがメインのようで一番多く入っています。

その次はニンジンが多いですね。

続いて、たまねぎとピーマンが少しずつで、残念ながら豚肉は探さないと見つからない程度しか入っていません。

前腕部を意識しながらフライパンを振って、野菜が解凍されて火が通るのを待ちます。

味付けは、シンプルにクレージーソルトだけでいいかとも思ったのですが、疲れが貯まっていていて食欲があまりなかったので、よりさっぱり頂こうと、レモン汁を一回りほどかけておきました。

素人の料理下手ですが、なかなかいい色合いに仕上がりました。

ですが、野菜の中では糖質量トップクラスのニンジンの赤がかなり目立ちます。

カット野菜1袋で、糖質量 4.16g ですが、0.5g~1.0g くらいはニンジンが占めていそうな感じです。

※ニンジンの糖質量 6.5g/100g

というわけで、もったいないと思う方もいるかもしれませんが、私はニンジンは残しました。

となると、味付けに使ったクレージーソルト少々と、レモン汁を少々ですので、ほとんど糖質は加算されませんので、実質の糖質摂取量は、4g にも満たないでしょう。

たんぱく質もがっつり摂れて、不足しがちな野菜も摂れて、糖質4g以下!

我ながら、素晴らしい食事になりました。

冷凍野菜の難点、デメリット

新鮮な状態で瞬間冷凍されているため、栄養価はそのままで(水溶性のビタミン以外)、変色もせず、保存ができていつでも食べられると、実に便利な冷凍野菜ですが、ヘビーユーザーの私としては、一つだけ難点があると思います。

それは、ずばり食感です。

いったん冷凍されたものを解凍、加熱して食べるわけですが、野菜(特にキャベツ)のシャキシャキ感はかなり落ちますね。

野菜炒めや、中華なら回鍋肉(ホイコーロー)のようなシャキシャキ感が大好きな私にとっては、そこが残念な点です。

それ以外は、本当に美味しくて便利で文句なしの商品なんですが・・・

まとめ

今回は、シンプルな塩レモン味の味付けで食べましたが、他には、オイスターソースで炒めたり、少量の焼き肉のたれで炒めたり、少量の味噌としょう油、糖質ゼロの砂糖(パルスイート)で回鍋肉風にしてみたり、豚キムチ野菜炒めみたいにしたり、バリエーションは無限にあり、週に3回くらいのペースで、セブンイレブンの冷凍カット野菜を利用しています。

お値段も、100円/1袋 とかなり経済的です。

4種類の野菜を100円で揃えようと思っても、絶対に無理な話ですからね。

一人暮らしの方にとっては、最高の商品だと思います。

みなさんもセブンイレブンに寄った際には、是非探してみてください。

関連記事

ketone-body

投稿者の記事一覧

ブログ運営者 ketone-body
性別 男性
年齢 40歳
職業 会社員
居住地 広島県
趣味 筋トレ
サイトURL  http://ketone-body.com/  
タイトル 糖質制限のすすめ ~ケトジェニックダイエット~
ブログの題材 糖質制限、ケトジェニックダイエットに関する基本的な情報や、低糖質商品などの紹介やレビュー。筋トレ。
※注意事項 当サイトで複数メーカーの商品の比較、推奨を行うことがありますが、あくまで『糖質制限』においての成分的な良否に対しての言及であって、商品の品質についてのものはではありません。

関連記事

  1. 野菜ジュースにも低糖質商品が!カゴメ『糖質オフ野菜ジュース』の仕…
  2. ロッテ『ZERO(ゼロ)』シリーズが、ケーキにまで手を出した!低…
  3. 紀文『糖質ゼロ麺』 コンビニで買って、そのまま食べれる!だけど、…
  4. バターコーヒーに由来?グリコ『アーモンド効果』には、どのような効…
  5. 糖質制限の強い味方!イオンのトップバリュから、大豆イソフラボンが…
  6. 糖質制限中にブロッコリーが選ばれる理由は?栄養素、調理法などにつ…
  7. セブンイレブン ちゃんぽんスープ(麺なし)が低糖質でボリュームが…
  8. ドンレミー『糖質コントロール ベイクドチーズケーキ』低糖質なのに…
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

スポンサーリンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP