おつまみ

からだシフト 糖質コントロールからシュウマイ登場!確かに糖質はカットできているが・・・

『糖質コントロールシリーズ』として、多くの低糖質商品を世に送り出している『からだシフト』ですが、今回は冷凍食品の肉焼売を紹介します!

私は、からだシフト商品では、糖質オフお好みソースは絶対に家に2.3本はストックがあるくらいのヘビーユーザーですし、糖質オフお好み焼き粉は、唐揚げを作る時に常に使っています。

糖質オフのスムージーも若干糖質多めですが、めちゃくちゃ美味しくて、糖質と美味しさのバランス的には、楽々合格点の商品で、よく飲んでいますし、私が絶大な信頼を置くメーカーのひとつです。

スポンサーリンク

さて、今回の低糖質シューマイはいかがなもんでしょうか?

からだシフト 糖質コントロール 肉焼売

キャッチコピーによると、『ジューシーさと、糖質オフにこだわった』ようですのですね。

気になる糖質は、11.6g/1袋(6個)

微妙と言えば微妙ですが、まぁ、メインディッシュとして十分なメニューですので、許容範囲としましょう。

では、成分表、原材料を見ていきましょうか・・・。

からだシフト 糖質コントロール 肉焼売 栄養成分表 原材料表示

282kcal たんぱく質 9.5g 脂質 21.4g 

炭水化物 16.0g(糖質 13.5g 食物繊維 2.5g)

パッケージに書かれた、糖質 11.6g と糖質量に違いがあるのは、エリスリトール(成分としては糖質に分類されるが、カロリーがなく、血糖値の上昇に全く影響を与えない糖アルコール)が味付けの調味料として使われているからです。

つまり、原材料としては、13.5g の糖質が使われていますが、実際に血糖値を上昇させ、カロリーとして身体の中に取り込められる糖質量は、11.6g だけですよ。

ということになります。

ちなみに、13.5g から 11.6g を差し引いた値(1.9gが、エリスリトールの使用量というわけです。

原材料としては、普通の焼売と比較して、豚肉だけでなく鶏肉が入っていたり、鱈(タラ)の一種である、スケトウダラのすり身が使われていますね。

また、調味料としてエリスリトール、甘味料のスクラロースも使われているようです。

そのくらいで、他は普通の焼売と似たような感じですかね。

では、電子レンジで温めて、開封してみましょう。

からだシフト 糖質コントロール 肉焼売 実食・レビュー

小振りなシューマイが6つ並んでいます。

糖質カットに繋がる最大の理由は、タネを包むひらひらの皮の薄さっぽいですね。

そのせいで、ボリューム感が全く出ていません。

まぁ、美味しけりゃそんなことどうでもいいですよね。

では、一口でいっちゃいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パッサパサです・・・。

皮が薄いせいか、モチモチ感はなく、鶏肉やタラなど、たんぱくな肉が使われているせいか、シューマイの醍醐味である肉汁のうま味は皆無です・・・。

正直、美味しいとは言えません。

6個全て完食するのは、少々厳しいかもしれませんね・・・。

これで、糖質 11.6g/6個 か・・・。

ってことは、こっちの方がいいじゃん!

って思える商品がありますので、そっちも紹介しておきますね。

せっかく読んで頂いたのに、なんの収穫もなければ申し訳ありませんしね。

私なら迷わずこっちを食らう!『ザ・シュウマイ』

私がこの『ザ・シュウマイ』を食べた時、冷凍食品の進化に驚いたものです。

多分、下の画像の点心に負けないくらい美味しいと思います。

肉汁は『梨』かと思うくらいすごいですし、食感は憎たらしいほどに肉肉しく、タケノコのシャキシャキ感も抜群です。

冷凍食品とバカにできない美味さなんです。

で、その『ザ・シュウマイ』の気になる糖質量は・・・

糖質 3.7g/個(32g)

意外とイケるやんけ・・・。

1個のボリュームがすごいですからね。

あのボリュームで、3.7g か・・・。

3個食べたとしたら・・・・

3.7g × 3 = 11.1g

全然イケるじゃん!

こちらのシューマイを6個食べるのと、

こっちを3個食べるのでは・・・

美味しさ、ボリューム、総合的な満足度、『ザ・シュウマイ』の圧勝ですわ。

しかも、パッケージにあるように、9個入りのプラスティックトレイを、切り分けられますので、3個だけ食べた後の保存もバッチリですからね。

大人気商品ですので、食べたことがある人も多いと思いますが、まだの人はスーパーで見つけたら是非買ってみて下さいね。

まとめ

からだシフトの糖質オフ焼売ですが、ちょっと残念なレビューになってしまいました。

ですが、改めて『ザ・シュウマイ』の素晴らしさがわかったということで、今回はチャラにさせていただきますね。

今回の『ザ・シュウマイ』のように、特に低糖質と押し出していない商品でも、実は思ったより糖質が少ないという商品はたくさんあります。

何度も言うようですが、食べたいものがあれば、無理だと諦めるのではなく、商品を手に取って栄養成分表示を確認する習慣を付けて、糖質制限ダイエットをより豊かなものにできるように、頑張っていきましょうね。

関連記事

ketone-body

投稿者の記事一覧

ブログ運営者 ketone-body
性別 男性
年齢 40歳
職業 会社員
居住地 広島県
趣味 筋トレ
サイトURL  http://ketone-body.com/  
タイトル 糖質制限のすすめ ~ケトジェニックダイエット~
ブログの題材 糖質制限、ケトジェニックダイエットに関する基本的な情報や、低糖質商品などの紹介やレビュー。筋トレ。
※注意事項 当サイトで複数メーカーの商品の比較、推奨を行うことがありますが、あくまで『糖質制限』においての成分的な良否に対しての言及であって、商品の品質についてのものはではありません。

関連記事

  1. ふすま(ブラン)パンにはこれを塗れ!ミルキーソフトの驚異の糖質量…
  2. 糖質制限中にブロッコリーが選ばれる理由は?栄養素、調理法などにつ…
  3. セブンイレブンの冷凍食品『肉入りカット野菜』が、低糖質で万能すぎ…
  4. 糖質制限に寄り添うスーパー 『イオンネットスーパー』で、低糖質な…
  5. 紀文『糖質ゼロ麺』レビュー。『糖質ゼロ』を無駄にしない食べ方、調…
  6. ローソンの低糖質パン ふすま粉に次ぐ低糖質原料 大麦粉とは?
  7. コンビニで買える低糖質おつまみ お菓子感覚でホルモン!?燃えつき…
  8. コンビニで買える低糖質おつまみ カルビー『miino(ミーノ)茶…
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

スポンサーリンク
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP