アルコール

糖質制限にお酒は厳禁!? お酒のカロリー計算、糖質量を詳しく解説!①

まだまだ暑いですし、飲みたいですよね・・・

たしか、糖質制限って、お酒はOKじゃなかったけ・・・

YES か NO かで言えば、まぁ、YES ですが、正確な知識を持って飲まないと、今やっている努力が、ビールの泡と共に、水の泡に・・・

スポンサーリンク

そうならないように、しっかり解説していきますね。

ビールの糖質量

まずは、ビールの糖質量からいきます。

アサヒのスーパードライ、キリンの一番搾り、サッポロの黒ラベルなど、居酒屋などに生ビールのサーバーが置いてあるようなメジャー商品で、だいたい、3.0g/100ml くらいお糖質が含まれています。

大雑把に計算して、350ml缶で、約10gほどの糖質量になりますね。

また、エビスビールやプレミアムモルツなどの、プレミアムビールだと、糖質量はさらにアップしてしまいます。

コーラが、350ml缶で、約40gほどの糖質量ですし、マックのシェイクやスタバの甘々なカフェラテなどと比較すれば、飲み物としてたいした糖質量ではありませんが、糖質摂取量を厳重に管理する私たち糖質制限主義者は手が出ない飲み物ですね。

ですが、どうやってビールの糖質量を抑えるのか、製造工程が気になりますよね・・・

糖質ゼロビール 製造工程

これについては、専門用語など多数でてきますし、私が思うように書いて誤解を招く可能性や、著作権などもありますので、無理はせず、素直に『引用』に頼ることにしますね。

こちらのサイトにわかりやすく解説してありますので、製造工程まで詳しく知りたい方は参照ください。

👇

http://j-net21.smrj.go.jp/develop/techno/entry/2009052902.html

ビールが飲みたいなら、糖質ゼロ!

もちろん、ビールを飲みたいなら、糖質ゼロ、糖類ゼロのものになっちゃいますが、今や、酒屋さんやスーパー、コンビニでも、あれだけの量の糖質ゼロビールがあるんですから、好みの味がきっと見つかるはずですよ。

たった一軒のスーパー(比較的小さめ)で、これだけ集まりました。

糖質ゼロビール 成分解析

今回は、私が愛飲している、アサヒのスタイルフリー『糖質ゼロ』と、家計の味方、『のどごしZERO』、おまけとして、キリン ストロングゼロ で考えていきましょう。

かなり長い話になってしまうので、何回かに分けて進めていきますね。

 

 早速、ビールの方から栄養成分を見てみましょう。

 

のどごしZERO

エネルギー             27kcal

たんぱく質                  0g

脂質                  0g

炭水化物              2.1 g           

糖質                  0g

食物繊維               1.8g

まず、カロリー計算をしてみましょうね。

たんぱく質、炭水化物       4kcal/g     

脂質                                                       9kcal/g

でしたね。

まず、炭水化物 2.1g ですが・・・

炭水化物 = 糖質 + 食物繊維 でしたよね・・・

(糖質 0g) + (食物繊維 1.8g) = 1.8g なのでは・・・

ってなりますよね?

これは、 消費者庁が定める、食品栄養成分表示基準の決まり事で、

糖質量が、0.5g未満/100g または 100ml 当たり

の場合は、『ゼロ』と表記してもOKなことになているからです。

ですから、このビールには、0.3g/100ml の糖質が、しっかり含まれているということになります。

というわけで、そのまま、炭水化物 2.1g で計算して構いません。

2.1g × 4 = 8.4   8.4kcal   ???

他にはカロリーになるような成分はないのに、全く計算が合いませんね・・・

27kcalにはほど遠い数値です・・・

その理由とは、成分表示には記載されていませんが、アルコールにも『カロリー』ってあるんです。

アルコールのカロリー

水とは異なり、アルコールには、カロリーがあります。

約7kcal/g のカロリーがあるんですね。

のどごしZERO のアルコール度数は、4%ですから、4ml/100ml のアルコールが含まれているということになります。

というわけで、アルコール含有量の『4』に、 7 を掛けて計算したくなるところですが、もう少し待って下さい。

金属には、『比重』というものがありますよね。

全く同じ形、体積の物でも、原料となる金属の種類が違えば、重量も変わってきますよね。

鉄でできた棒と金でできた棒では、全く同じ形、体積でも重さが違ってくるということです。

その『比重』が液体にもるんです。

グラスの中に虹のような層ができているカクテルがありますよね?

これらのカクテルは、アルコールの比重を利用して作られたものです。

水は、1ml = 1g ですが、アルコールの場合は、 1ml = 0.8g

となります。

ですから、4ml のアルコールは、4 × 0.8 = 3.2g となり、

カロリーは、7kcal × 3.2g = 22.4kcal となります。 

それに、炭水化物量 2.1g × 4kcal = 8.4kcal を加えると・・・

30.8kcal になります。 

実際の表記の 27kcal を少しオーバーしましたが、おそらくアルコール度数の小数点以下が繰り上げられて4%になったための誤差、と考えて構わないでしょう。

また、忘れちゃいけないのが、食品栄養法事基準の、ゼロ表記の落とし穴 です。

大切なことなので、何度も書きますね。

食品栄養表示基準

消費者庁が定める、食品栄養成分表示基準には、下の表のような決まり事(基準)があります。

エネルギー5kcal未満/100g または 100ml 当たり
たんぱく質0.5g未満/100g または 100ml 当たり
脂質0.5g未満/100g または 100ml 当たり
飽和脂肪酸0.1g未満/100g または 100ml 当たり
コレステロール5mg未満/100g または 100ml 当たり
炭水化物0.5g未満/100g または 100ml 当たり
糖類0.5g未満/100g または 100ml 当たり
糖質0.5g未満/100g または 100ml 当たり
ナトリウム5mg未満/100g または 100ml 当たり

”栄養成分表示及び栄養強調表示とは”のデータより引用 

詳しくはこちら

👇

糖質ゼロ 糖類ゼロ の落とし穴

このことから、糖質 0g とあっても、0.5g弱 は含まれていると考えて、飲み過ぎ、食べ過ぎには注意しましょう。

のどごしZERO に関しては、親切に炭水化物量、食物繊維量が表記されていたので、正確な糖質量が 0.3g だと導き出すことができましたが、食物繊維量が表記されていない場合は、0.5g未満、つまりマックスで 0.49g は含まれていると考えましょう。 

では、今回はこのあたりで・・・

次回からは、スタイルフリーやストロングゼロの成分解析、お酒が糖質制限ダイエットに与える影響なども含めてお話ししていきますね。

ketone-body

投稿者の記事一覧

ブログ運営者 ketone-body
性別 男性
年齢 40歳
職業 会社員
居住地 広島県
趣味 筋トレ
サイトURL  http://ketone-body.com/  
タイトル 糖質制限のすすめ ~ケトジェニックダイエット~
ブログの題材 糖質制限、ケトジェニックダイエットに関する基本的な情報や、低糖質商品などの紹介やレビュー。筋トレ。
※注意事項 当サイトで複数メーカーの商品の比較、推奨を行うことがありますが、あくまで『糖質制限』においての成分的な良否に対しての言及であって、商品の品質についてのものはではありません。

関連記事

  1. 糖質制限には不可欠!糖アルコール、人工甘味料の種類④ 最優秀糖ア…
  2. 糖質制限と糖尿病の関係
  3. 飲むヨーグルトにも低糖質商品が!『十勝 のむヨーグルト (糖質5…
  4. ガストで糖質制限!肉祭り開催中!牛肉100%のハンバーグに、アボ…
  5. 食材別糖質量 ~ナッツ類~
  6. 食べる順番を意識するだけで、ダイエット!血糖値をセルフコントロー…
  7. バターコーヒーに由来?グリコ『アーモンド効果』には、どのような効…
  8. 糖質制限中に意識すべき『PFCバランス』とは?痩せないあなたに不…
スポンサーリンク

カテゴリー記事一覧

スポンサーリンク
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP